斜面の記憶

やまのきろくとまめちしき

2020/3/23 雪の大菩薩嶺周遊山行 前編

こんにちはこんばんは。高校生になったはずなのになんか全く高校生感がなくて脳がバグっている赤い寝魚です。
今回は3月下旬に行った大菩薩嶺について描こうと思います。

一回撤退した話

実は大菩薩嶺、1度同年2月23日に行って撤退してるんです。
これまでの雪の積もった丹沢や、5月の八ヶ岳編笠山などはアイスバーンに出くわす場面もありましたが立木を掴む、慎重に進む(もちろん下山できるか確認した上で)などでアイゼンを持っていなくても進めていたんですが…この時はちょっと難しいなと思い峠に戻って20分ほど考えた後撤退を決めました。具体的に説明すると

  • 斜面をトラバースするようについている登山道は見える範囲はほぼアイスバーン
  • この先北斜面が続くためこの先も凍っている可能性が高い
  • この日は風が強めで稜線に出れて南斜面だったとしてもかなり寒い、丸川峠でさえ手袋をしていないと指の感覚がなくなる(その変わり展望は最の高)
  • 斜面は雪質が少し柔らかいのでキックステップで20mほど登山道に沿ってトラバースしてみたが、所々蹴ってもソールがささらない箇所がある、後この方法で行くとスピードがカメ並

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200514224506j:plain

2/23の丸川峠

という感じで撤退を決めました。で、この時「自分の実力とか体力で行けないっていうのは良いんだけど、道具さえあれば行けたってなんか悔しいな」と思って3月中にもう一度行こうと思ったんです。前書きが長くて申し訳ない…それでは書いていきます。
ぶっちゃけちょっと心折れてたっていうのもある…

※時々説明のために2月の画像が入るかもです 

アプローチ

新宿駅      5:16発 中央線快速・高尾行
高尾駅6:11着 6:15発 中央本線・松本行
塩山駅7:22着   7:35発 山梨交通バス・大菩薩峠登山口行
大菩薩峠登山口バス停8:02着

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200514235123j:plain

塩山駅のバス停。僕しかいない…

 

登山口〜丸川峠

 バスで登山口についたら人生初YAMAPを起動して歩き始めます。ここトイレポイント

地味にきつい九十九折の舗装路を進んで上日川峠へのゲートを横目に駐車場を抜けると
ボッコボコの林道(?)を進みます…去年の台風ですねクォレハ…沢を横切るように作られたコンクリの道だったんで鉄砲水でやられた感じですかね…
写真の場所からしばらく進むとコンクリがぶった斬られたみたいに道が途切れてる箇所があって荒れてんなー…って感じでした。(駐車場に工事の事務所みたいなのが建てられてたので今頃工事しているのかも)

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200515233946j:plain

荒れてんねぇ…

林道が終わると道標があります。ここから上りが始まります…

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200515234613j:plain

林道終点

急な段差が多い+花崗岩が風化したもの?砂地の場所があってズズッってなる
この二つの要素があるので正直ここが一番疲れました。
ただ道端に急にのっぺりした一枚岩があったりして面白い道です(写真なんて)ないです

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200515233709j:plain

こんな感じの尾根道

 

しばらく登ってると急に登山道の横で

ガンガンガンガンガンガンガン!!!!

一人でキエエエエェなんじゃワレェ!!??ってなってたらキツツキが木を突く音でした…なんだビビらせんなよ…

普通に林業の人がなんか作業してるのかと思ったゾ…

なんか1500m超えてから鳥が増えたような…とか思いながら関西から来たという方とすれ違ってしばらく進むと丸川峠到着。

丸川峠〜

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200516001941j:plain

丸川峠

富士山?…知らない子ですね

丸川峠やっぱり風が強くて寒い…2月と変わらず指が素のままだと感覚がなくなってきます…紅茶を啜って前回の撤退ポイントに。やっぱりここから氷が始まるみたいです。ただ2月に比べたらかなり少ないかな…?
フォロワーさんに借りた10本爪アイゼンを装着して(よく見るとちょっとミスってる)レッツゴー!

なんだこれめっちゃ楽じゃん…ええ…?

今までゆっくり進んでいたアイスバーンが…バンバン進める…だと…!?

 

アイゼンという叡智を生み出した先人に感謝。やばいこれ。土と同じ速度で歩ける。前爪があるからちょっと急でも蹴り込めば全然進める…何これ…すげぇ…やべぇ…と語彙力が喪失した状態で歩を進めます。…あれ?氷なくなったやん
日が当たってぬかるんでる…一回アイゼン外します。なんで外したんだよ?

この後7秒後に氷出てきます。何やってんだ…手を土まみれにしながらアイゼンをまた付けて亜高山帯の雰囲気を纏った樹林帯を登っていきます。

f:id:outdoor_Mt_akaturi:20200516003414j:plain

とか書いてるくせにあんまり亜高山帯感ない写真

 

今回はここで一旦おしまいです。(多分これ以上長くなるとダラダラ書いて更新が遅くなるので)

後編は早ければ二日後くらいに投稿します!がんばる!!

後編→https://outdoor-mt-akaturi.hatenablog.com/entry/2020/05/18/183738